【お気持ち表明】営業からエンジニアに転職して、良かったこと、後悔したこと。

日々徒然

前回Docker記事更新してからはや1ヶ月…

今回は前職の後輩くんからタイムリーに連絡があったこともあり、

営業からITエンジニアになっての所感、というまあよくあるテーマで書いてみようと思います〜〜

背景

ちょうど先日、前職の後輩くんから

仕事…しんどいッス…エンジニアってどうッスか…??

との旨の電話を貰いまして。

聞くに

やりがいを全く感じないッス…なんのために働いてんのか分かんないッス…

と、まあ退職前の自分とまんま同じことを言ってるわけでして。

これは結構重症だぞ、と思いながらも

今は楽しいけどやっぱり将来は少し不安だよ

後輩くんも身体か心か壊れる前にはちゃんと辞めなよ

でもちゃんと考えてから辞めるんだぞ…

いやでもやっぱり無理しすぎんなよ…

とまあ当たり障りのないはっきりしないことしか言えなかったので、

ちょっとここで改めて整理してみたいなと思った次第です。

これ整理したらもう一度ちゃんと後輩くんにアドバイスしてあげよう…笑

エンジニアになって良かったこと

色々あるにはありますが、営業からエンジニアって観点からみたときに、

抽象度(再現性?汎用性?)の高いこと、低いこと、っていう観点から書いてみます〜〜

抽象度が高いこと

集積していく知識・スキルが明確で再現性がある

エンジニアって当然技術職・専門職だから習得すべき知識やスキルが無限にあるんだけど、

一番「良いな〜〜」って思ったのがそれらが先人たちによって(ある程度は)明確にされてること。

バックエンドならPHPやって、SQLやって、セキュリティやって、APIやって…

フロントならHTML / CSSやって、JavaScriptやって、フレームワークやライブラリやって…

ってのがちょっと調べたらすぐ出てくる。

そんでそれらは偉い人たちが入門書作ったりしてくれてて、

エラーが出ても大抵のものはGoogle先生に聞いたら誰かが解決方法書いてくれてて、

挙句の果てにはteratailだとかstack overflowで聞いてみたらどこかの神様が教えてくれるわけで…

各個人ができること、できないこと、やってきたこと、やりたいことetc. etc…がすんごい明確。

(できること、できないことetc. が明確 → 再現性がある!)

だから成長してる実感もあるし(毎日とは言ってない)、日々勉強が楽しい!(楽しくない時もある)

一方で営業ってやっぱり顧客、協力会社、商材、あるいは上司…等々、不確定な要素が多くて、

なかなか何かを事前に「勉強」して蓄積していくのって難しい気がする。

(当然なんらかの資格、とかはあるけど)

だから結局「現場主義!!」「売上主義!!」みたいな感じになっちゃうし、

集積していく知識・スキルが見えにくい。

(毎年の目標設定が根性論みたいになっちゃってる組織も多いんじゃないかしら)

この点が一番エンジニアと営業とで差を感じるところで、

エンジニアになって良かったな〜〜って思うポイントです。

価値創造をしている実感が強い

営業時代はとにかくピンポン球みたいに、協力会社から上がってきたものを客先に流して、

客先からもらってきたものを協力会社に流して…って客先と協力会社の間を走り回ってたけど、

それがなんの価値を生み出してるのか、後輩くん同様に正直毎日疑問に思ってたな〜〜

まあ当然は当然だけど、エンジニアとして働き始めてから日々何かを生み出してる実感がある。

(クソコードだって動けば価値あるもののはず)

たとえ小さな処理でも、事業部側の人たちが出来ないことを自分が出来る、

やったら感謝される、ってのはとても気持ちがいい笑

抽象度の低いこと

時間に圧倒的にゆとりができた

これは営業側もエンジニア側も会社によると思うんで、抽象度の低いこと、ってことに。

(あくまで自分の場合は)転職してからそれはそれは圧倒的に時間にゆとりができました!!!笑

体感で言ったら自由な時間が20倍くらい増えた気がする。ホントに。笑

営業時代は早朝出発で出張、夕方帰ってきて22時くらいまで残業、

その後上司と3時くらいまで飲みに行って…みたいなのが週2,3日はありました笑

(それ除いても平均帰宅時間は21時くらいじゃないかな)

それでも見積書だとか報告書が終わらないから土日は出社して作業して…みたいな。

当時はそんなものだと思ってたし、ハードワークしてる自分に酔ってるところはあったけど…

今もう絶対無理。笑

今年の4月に転職してからは、コロナの影響もあり、飲み会なし、なんなら在宅勤務、

仕事もキツキツ納期の案件なんてなくて残業もほぼゼロ…ってな感じで、

圧倒的に時間にゆとりができました、って話でした。

(ある程度) 自分のペースで仕事ができる

上と被る気もするけど…

営業時代は仕事をしてるときに次々と横槍(客、協力会社、上司、アシスタント…)が入ってきて、

タスクの時間配分、優先順位付けなんてあってないようなモンでした。笑

今は営業時代に比べたらほとんど横槍がないから、今自分が持ってるタスクを自分の思うように

組み立てて、時間配分、優先順位付けできるようになりました、って話。

エンジニアになって後悔したこと

後悔編。

正直「後悔した」って言うとどれも大袈裟な気がする…抽象度も結構曖昧です。笑

(多分) 抽象度の高いこと

人と話す機会が減った

営業やってた時と比べると圧倒的に他人と話す機会が減った。(言うまでもないか)

自分は元々人と接することはそんなに嫌いなタイプではないので、

コロナの影響下で在宅ワーク&飲み会もほぼなし、みたいな環境は結構気が滅入りつつある。笑

前職の商談&客先接待&上司の付き合いetc...みたいなのはしんどいはしんどかったけど、

やっぱり誰かと話すことで得られるアイディアやノウハウは色々あったので、

今人と話す機会が激減してるのは少しもったいないなあ、寂しいなあ、という気もします。

収入が圧倒的に減った

これが結構肝心なところ…

抽象度は迷ったけど、やっぱり今までやってた職種(営業)から鞍替えして

違う職種(エンジニア)に移ったならまあほぼみんな収入減ってるんじゃないかなあと思いまして。

かくいう自分は圧倒的に減りました。笑

前職は基本給は普通もボーナス高い、月10日〜20日の出張の手当、残業手当も出て、

さらに接待&交通費等々で建て替えた分のクレジットカードのポイント笑

…も鑑みたらなかなか良い収入だったけど、

現職は基本給は悪くないものの残業が少ない上入社のタイミングが悪くボーナス貰いそびれ…

で額面ベースで多分150万円ほど下がってるんじゃないかなと思います。

まあ営業時代に比べたら支出もその分減ってるし、普通に暮らしていく分には問題ないけど…

やっぱりお金の使い方は前職時代よりさらに気にするようになったかな…笑

(多分) 抽象度の低いこと

将来が少し不安

前職でも「このままで自分大丈夫か…?」っていう不安は常にあったけど、

まあそれなりの規模の会社だったので

「多分しがみついてればどうにでもなるな〜〜」

「自分が大失敗しなければ年数とともに給料上がってくだろうな〜〜」

なんて感覚も正直ありました。

一方エンジニアになってからは勉強しないと置いてかれるってプレッシャーを常々感じるし、

勉強してもしても分からないことが出てくるし、Twitterにはすごい人たくさんいるし、

「このままで大丈夫なのかな…営業で頑張った方が良かったんじゃないか…??」

なーんて思う日もなくはない、ってのが正直なところ。笑

まあこの辺の感覚は人によるところが大きくて、

「プログラミング最高!出来るし楽しいし転職して良かった〜〜!!」なんて人もいると思うし、

自分に同意してくれる人もいると思うし、抽象度低めかな?なんて思った次第でした。

統括

色々書いたけどエンジニアに転職してみて良かったなって思ってます。

毎日仕事or勉強で、オンオフあるようなないような生活ですが、

やっぱり何かを作り上げてくのってすごい楽しいし、何かを得ていく感覚はたまらない。

詰まりに詰まったエラーを解決出来た時の快感はなかなか得難いものな気がします。

これからどんな道を歩んでいくかはまだあまりはっきりとイメージできてはいないけど、

この調子で楽しく頑張っていきたいな〜〜と思います。

最後に

なんか随分と稚拙で冗長なことをつらつらと書き連ねましたが、思うところは人それぞれだし、

あくまで一個人の感想なので「こんな考えの人間もいるんだな」程度に思って頂けたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました